先輩メッセージプラスアルファの提案で活きた営業になる

今井英二営業部 東京支店 / 営業第二課 / 新卒入社 / 入社6年目

入社するきっかけを教えてください。

私はもともと、営業がやりたいと思っていました。
工業大学を出たのですが、学校で学ぶような、力学的・機械的な勉強があまり得意ではありませんでした。
なので、モノづくりや設計を行うよりも人と話す方が自分に向いているのではないか思っていました。

大学は機械関係だったので、車関係に就職する人が多いのですが、フジキカイを受けている人は、落ちている人が多かったです。そんな時、教授から「受けてみない?」と声をかけていただき、自分は成績が良くなかったので、「成績の良い子達が受けているフジキカイを、自分が受かったら…すごいんじゃない!?」(笑)と思って受けたことがきっかけです。

現在の仕事内容を教えてください。

現在は、お客様の現場での作業の自動化・省人化のための提案をしています。最近は少子高齢化、採用難で人手不足なので、ロボットに関する提案が多いです。導入をしたら、どのくらい人を減らせるかなどの提案などをしています。

仕事でやりがい
を感じるのは
どんな時ですか?

自分たちが普段食べている、目にしている商品の製造現場に入れるというのは楽しいです。
「こんな風に作られるんだ」と、少年に戻ったような気持ちになります。
そういうところに、自分の提案した機械をいれていただけることは嬉しいです。
現場にいって、お客様と会話できるのも楽しいですし、営業としてやりがいを感じます。

今までの機械にどのようにしてプラスアルファを加えるかが一番のポイントだと思っていて、お客様・フジキカイ・他のメーカー様も含めて、みんなで話し合って提案をしていきます。
お客様だけの機械を作っていくので、完成品が動いたところを見て、また、それを使ってくださるお客様をみてやりがいと感じます。このあたりは生産と同じかもしれません。

今後の目標を教えてください。

自分自身が見本となる営業として、今の立場から上がるのはもちろんのこと、今よりももっとレベルの高い内容を部下や後輩に教えられるようになっていきたいです。お客様にももっとフジキカイの魅力を伝えていき、活きた営業になっていきたいです。

学生さんに向けて一言

「理系だけど営業できるのかな」と思っている方もいるかと思います。
ただ、私は理系の大学を出ていはいますが、図面を書けるわけでもありません。
フジキカイの営業は、お客様が何を求めているのか、何に困っているのかをお客様と同じ目線でコミュニケーションがとれることが大事で、そこに文系も理系も関係ないと思います。

あと営業に入ってくる人が不安に思うのが、拠点が多いので、どこに配属されるかわからないということです。私も当時は不安でしたが、転勤に対しては良い環境で仕事できていると思います。もちろん希望がすべて叶うわけではないとは思いますが、転勤も自身のキャリアをどうしていきたいかということも考慮しながら決めていただけます。
モノを売るのではなくフジキカイの製品でお客様の抱えている悩みを解決するという難しい営業だとは思いますが、やりがいは感じられると思うので、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

その他の先輩メッセージ

包装で世界を救う・人を幸せにする

ENTRY