先輩メッセージ機械の調整は十人十色
皆でより良いものを作る

中村哲也生産本部 / 第一生産部 / 新卒入社 / 入社8年目

入社するきっかけを教えてください。

広島の大学出身なのですが、大学の合同企業説明会でフジキカイが出展しており、そこで説明を受けたことがきっかけです。もともと包装機業界は一切知らず、車・部品にはあまり興味がなかったのですが、「世の中で包装されているものはたくさんあるが、それを作っているなんて楽しそうだな。」と思うようになり、そこから興味を持ち始めました。

フジキカイは包装機業界の中でもリーディングカンパニーで、説明を聞きながら「入れたら良いな・・・」と思っていました。

説明会で機械の説明を受けて、「そういう風に包装されているんだ。」と、知らないことを知ることができました。包装業界は未知の分野だったので、楽しそうだなと思いました。

現在の仕事内容を教えてください。

もともと機械を調整する部署(生産部)にいましたが、最初は組付け等のメカ的なことをやっていました。生産部にはメカ担当と電気担当という担当が分かれており、私は今、その電気担当に所属しています。そちらで自動供給機や、ロボット供給機の調整や搬入、お客様先で試運転を行っています。

入社する前は設計を志望していたのですが、配属されたあとは現場がいいなと思うようになりました。

仕事でやりがい
を感じるのは
どんな時ですか?

自分の好きなようにできることですね。自分が、こうした方がいいのではないか、ああした方が良いのではないか、と思ったときに、実際にやってみることができます。それでお客様に喜んでいただける。自分が調整した機械でこの商品を作っているという達成感があります。

特に自分が調整した機械を試運転した時に、「調子よくスムーズに動いてるな~!」と思えることです。自慢したくなります。“結果”として見えるので、そこがやりがいですね。

仕事をする上で心がけていることは何ですか?

工業用ロボットですから、危険なものを扱っているので、「安全第一」です。安全に対する意識は高くなってきているので、特に気をつけています。

出荷する際、機械を解体するときでもヘルメットをかぶるようにしています。自分の身は自分で守るのですが、みんなでやっているときで一番大事なのは声がけです。周知徹底をしないと誰かがケガをしてしまいます。お客様相手の時でもそのようにしないと、お客様もケガをされてしまう可能性があります。

「運転する時はカバー内に体をいれてはいけない」と言っているのに、体を入れてしまって、厳しく注意したことがあります。ロボットはどう動くか読めないことがあるので、特に安全には気をつけています。

職場の雰囲気を教えてください。

一人一台機械を持っているようなものなのですが、新入社員や経験の浅い人は分からないことがたくさんあるので、先輩たちによく相談をしています。後輩側から「こうなっているんですけど・・・」という形で質問がきたりして、風通しが良い環境だと思います。先輩からも話かけたりして、「よく来るな~」と思われているかもしれません(笑)

みんな機械が好きなので、他の人が調整したものが気になるんですよね。良い意味でみんな変わっています。個性を持っている人が多いです。これが正解というものがなく、攻め方がいくらでもあって、機械でも「十人十色」。同じ機械・同じ攻め方でなくても、結果は同じになります。

「自分はこうやるけど、君はそうやるんだ」のような感じで、調整の方法は人によって違います。同じお客様からのリピートであれば同じ調整をしますが、そうでなければ方法は何通りもあります。それぞれ機械は同じでも、材質が異なれば全部違ってきますし、同じものは何一つないと思っています。

レベルを保っている秘訣を教えてください。

先輩から教えていただいたことの蓄積です。先輩から伝承されたことに少しオリジナリティを加えています。

ベースがあって、そこに「こうした方がもっと良いのではないか」と思って、オリジナリティを加えています。昔の人の方が知識があることがあって、大ベテランに聞けばすべて分かる、みたいな。レジェンドに聞けばだいたい悩みが解決します(笑)

今後の目標を
教えてください。

もっとロボットや包装機の知識を深めていって、フジキカイを支えていけるような存在になりたいです。新入社員の1年目の時に、「12年後の目標」を掲げる機会があって、そこに「生産部のチームリーダーになる」と書いたので、それに向けて邁進しています。最終的にはレジェンドになりたいです(笑)

学生さんに向けて一言

やりたいことだったら、少々つらいことがあっても乗り切れると思います。自分が楽しいな思っていれば、続けられます。

今でこそ中小企業の残業規定が厳しくなっていますが、昔は残業時間が長かったんです。

人はそれほど増えていないのに、売上が毎年+10億円という具合に増え続けていて、仕事量も増え続けていて、それでも続けられているということは、やっぱり好きなことをしているからだと思います。やりたいことが見つかれば困難があっても乗り越えらえると思うので、フジキカイでぜひやりたいことを見つけてみてください。

その他の先輩メッセージ

包装で世界を救う・人を幸せにする

ENTRY