私たちは自動包装機のフジキカイです。

お問い合わせ MENU

フジキカイの歴史

1940

  • 1946年/昭和21年

    生田幾也が、名古屋市西区菊井町6-8にて、製菓機械、製陶用自動機械、メリヤス製造機械の製造を開始。

  • 1947年/昭和22年

    共同募金運動開始。第1回全国共同募金運動が始まった。ブリキ製の赤いバッジを渡したが、1948年から赤い羽根になった。

  • 1948年/
    昭和23年

    キャラメル用F式自動包装機を開発、製造を開始する。
    株式会社に組織変更、資本金700,000円で株式会社富士機械製作所を設立。
    名古屋市中村区亀島町四丁目に全工場を移転。

- 1940 -

1950

  • 1950年/
    昭和24年

    チューイングガム用自動包装機を開発、製造を開始する。

  • 1951年/昭和26年

    製パン用自動包装機を開発、製造を開始する。

  • 1953年/昭和28年

    FT-3型キャンデー用自動包装機を開発、製造を開始する。

    乳業用自動機械を開発、製造を開始する。

  • 1954年/昭和29年

    東京都港区に東京工場を開設。

  • 1955年/昭和30年

    高度成長期突入。「三種の神器」電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビジョン。

  • 1955年/昭和30年

    従業員持株制を始める。
    東京工場を東京都渋谷区の現在地に移転する。

- 1950 -

1960

  • 1960年/昭和35年

    名古屋市西区に鋳造工場を新設、生産を開始する。
    自動包装機の発明により、愛知県知事表彰を受ける。

  • 1961年/昭和36年

    現亀島二丁目に本社ビルを建設。

  • 1962年/昭和37年

    自動包装機の発明により、全国発明協会表彰を受ける。

  • 1964年/昭和39年

    FW-320 型横形ピロー包装機を開発、製造を開始する。

    販売部門を独立させ、資本金8,000,000円で富士機械興業株式会社を設立。
    FW-320型横形ピロー包装機、通産大臣賞を受賞。

  • 1964年/昭和39年

    東京オリンピックが開催。

  • 1966年/昭和41年

    福岡出張所を開設。

  • 1967年/昭和42年

    FW-590S 型段ボールケーサーを開発。

    新工場を名古屋市西区の鋳造工場敷地内に建設し、本社工場を移転。
    経営合理化により、中小企業庁長官賞を受賞。

  • 1968年/昭和43年

    大阪営業所を開設。

  • 1969年/昭和44年

    時代を先取りしたグループ、チーム制の組織「球面体組織」を導入。

  • 1969年/昭和44年

    テレビアニメのサザエさんが放送開始。
    8時だヨ!全員集合が放送開始。

- 1960 -

1970

  • 1970年/昭和45年

    通商産業省優秀合理化モデル工場に指定される。
    中小企業研究センターより、中小企業研究センター賞(現 グッドカンパニー大賞)・地区表彰を受賞。

  • 1971年/昭和46年

    名古屋工場内に、本部ビルを建設。

  • 1971年/昭和46年

    カップヌードル発売。ボウリングブーム。第二次ベビーブーム。

  • 1972年/
    昭和47年

    A-22型ストレッチフィルム包装機を完成。

  • 1973年/
    昭和48年

    FW800型ラップカートナー(小箱詰機)を開発。

  • 1974年/昭和49年

    東京工場に、富士機械ビルを建設。

  • 1975年/昭和50年

    中小企業庁長官より、合理化モデル工場として感謝状を受ける。

  • 1978年/昭和53年

    業界初のマイコン搭載機、FW-340mcI型高速横形ピロー包装機を開発。

    株式会社富士機械製作所、資本金99,360,000円に増資。

  • 1978年/昭和53年

    日中平和条約調印。スペースインベーダーが大ブーム。
    ホワイトデー開始。成田空港開港。

  • 1979年/昭和54年

    資本金10,000,000円で株式会社フジパックシステムを設立。
    資本金10,000,000円で株式会社フジパッケージングマシンズを設立。

- 1970 -

1980

  • 1980年/昭和55年

    アメリカ、フォーモスト社に横形ピロー包装機の技術輸出。

    K-20型ノートレーストレッチフィルム包装機を開発。

    S-11型袋詰機を開発。

  • 1981年/昭和56年

    K-20型ノートレーストレッチフィルム包装機が、第11回中小企業向け自動化機械開発賞を受賞。
    高速横形ピロー包装機 FW-1000型を発表。

  • 1982年/昭和57年

    富士機械興業株式会社、99,014,500円に増資。

    マイコン内蔵の対話式FW-340A型横形ピロー包装機を開発。

  • 1983年/昭和58年

    高速横形ピロー包装機FW-1000型を発表。

    業界初の包装用ロボットFR-102、FR-303型を開発。

  • 1983年/昭和58年

    インターネットが誕生。東京ディズニーランドが開園。
    「おしん」が最高視聴率62.9%。

  • 1984年/昭和59年

    マイコン制御横形ピロー包装機が、第14回中小企業向け自動化機械開発賞を受賞。

    縦形ピロー包装機FW-7を発表。

    札幌出張所を開設。

  • 1985年/昭和60年

    名古屋工場に管理棟が完成、管理機能を統括。
    アメリカ駐在員事務所をアメリカ・ノースカロライナ州に開設。
    株式会社富士機械製作所を株式会社フジキカイに社名変更。
    富士機械興業株式会社を株式会社フジキカイ興業に社名変更。

  • 1987年/昭和62年

    横形ピロー包装機械αラッパーシリーズを発表。

    FW3400αラッパー、1987年度グッドデザイン賞品(産業機械部門)に選定される。

  • 1988年/
    昭和63年

    包装紙ラッピングマシンN-7500を発表。

  • 1989年/
    昭和64年
    平成元年

    横形ピロー包装機αラッパーシリーズIIを発表。

  • 1989年/昭和64年・平成元年

    昭和から平成へ。消費税スタート。

- 1980 -

1990

  • 1990年/平成2年

    株式会社フジパックシステム、61,917,000円に増資。
    株式会社フジパッケージングマシンズ、61,917,000円に増資。
    デンマークに合弁会社フジエンジニアリングA/Sを設立。
    新本社ビル、フジオフィスビルを完成。

  • 1991年/平成3年

    フジエンジニアリングA/Sのスペイン支店を開設。
    新潟営業所を開設。
    ノートレー包装とトレー包装が1台でできるストレッチフィルム包装機ATを発表。

  • 1992年/平成4年

    ヨーロッパ支店をデンマークに開設。
    名古屋工場に製造工場を増設。

  • 1993年/平成5年

    横形ピロー包装機αラッパーIIIシリーズを発表。

    縦形ピロー包装機FW7700を発表。

    段ボールケーサーFW6600を発表。

    包装用ロボットFR-202を発表。

    (株)フジキカイ、(株)フジキカイ興業、(株)フジパックシステム、(株)フジパッケージングマシンズの4社が合併。

  • 1994年/平成6年

    フジエンジニアリングA/Sをドパックグループが合弁し、フジドパックA/Sとなる。
    岐阜県美濃テクノパークに美濃工場を建設。
    ストレッチフィルム包装機FP-50、FP-55を発表。

    三角サンドイッチ包装機
    FW-33を発表。

  • 1995年/平成7年

    名古屋工場がISO9001を認証取得。
    ストレッチフィルム包装機ATが、第25回中小企業向け自動化機械開発賞を受賞。

  • 1996年/平成8年

    ストレッチフィルム包装機FP-40を発表。

  • 1997年/平成9年

    製函機FC-65を発表。
    ストレッチフィルム包装機FP-38を発表。

    横形ピロー包装機αラッパーVシリーズを発表。

  • 1998年/平成10年

    FW3451シリーズを発表。

  • 1998年/平成10年

    長野オリンピック開催。明石海峡大橋開通。
    FIFAワールドカップフランス大会開催。

  • 1999年/平成11年

    小物高速タイプFW3401シリーズを発表。

    仙台営業所を開設。

- 1990 -

2000年以降の歴史を見る